formal  フォ-マル

フォーマル・シーンであなたを輝せる1着。
結婚式披露宴などのパーティーでキラリと光るセンスを演出するフォーマルウエアをご提供いたします。個性を際立たせながらもマナーはきちんと守る・・・フォーマルウエアは、クオリティの高い仕立て技術と知識豊富なマナーアドバイザーの存在がとても大切です。TeeGonのカスタムフォーマルで、華やかな席を彩る1着をお仕立てください。

フォーマルの区分 dress code

昼の正礼装 モーニングコート 夜の正礼装 タキシード 準礼装 ディレクターズスーツ 略礼装 ブラックスーツ

モーニング
モーニングコート

デイタイムの正礼装
モーニングコートは、昼間では最もフォーマル度の高い礼装です。昼の結婚式・披露宴での新郎、新郎新婦の父親、媒酌人、主賓が着ることの多いスタイルです。

襟はピークドラペル。パンツは黒とグレーのコールズボン、ネクタイはコールタイやアスコットタイを合わせます。生地は光沢のあるシルクの使用が一般的です。モーニングコートはベストとコールパンツのスリーピースで着用。シャツはウィングカラーでタイはモーニング・タイ。パンツにはサスペンダーを使用します。

モーニングコート・フロント部の斜めのカットは英国の乗馬服に起源があると言われています。

タキシード
タキシード ナイトタイムの正礼装
主に夜間の式典やパーティーで着用します。黒の蝶ネクタイを合わせることからブラックタイとも呼ばれます。着こなしによって正礼装と準礼装のどちらにも対応。

ウイングカラーのシャツ、黒の蝶ネクタイ、側章つきパンツ、そしてベストまたはカマーバンド(腹部の飾り帯)を用います。

燕尾服が義務付けられる格式の高いな式典を除き、夜間の最もスタンダードな正礼装がタキシードです。

ディレクターズスーツ
ディレクターズスーツ

デイタイムの準礼装
昼の準礼装でモーニングの略装とも言えるスタイルです。結婚式・披露宴が昼に行われることの多い日本のウェディングでは多く着用されています。

ブラックジャケットにウィングカラーのシャツ、シルバーグレーのタイ、コールパンツを合わせます。

シングルジャケットの場合、シルバーグレーかベージュのベストを合わせるのがセオリーです。

ブラックスーツ
ブラックスーツオールマイティな略礼服
ブラックスーツは結婚式などの慶事はもちろん、弔事にも黒ネクタイにネクタイを替えることで対応が可能です。光沢のある生地を使用した黒のスーツが基本です。

ただし厳格なドレスコードがある式典やパーティでは着用できない場合があるのでご注意ください。

シングルのブラックスーツの場合、ベストを合わせるのが基本マナーですが、最近はベストなしの2ピーススタイルを可とする式典・パーティ-も存在します。

フォーマルお仕立て価格
65,000円 (税込71,500円)